FC2ブログ
信じる ということ
誕生日の前日、主が訪ねて下さった。
毎年欠かさない、新年早々のメールでの挨拶で、今年はとっても面倒な質問を送っていた私。
実は熱に浮かされながら、ちょっと正気じゃない状態で、送り付けてしまった面倒なわがまま。

案の定?一切スルーで、何事もなかったかのように、その件には触れぬまま、主は現れた。

私にはちょっとした覚悟があって、今年は引かないぞと、実は心に決めていた。
1度も真っ直ぐに見た事のない、主の本音を、今年は知りたくて仕方がなかったから。

昨年末から私が気になって仕方なかった、主様の私生活。どうやらきっと、大きな心配事を抱えたりして、大変なんじゃないかと、勝手に心配をしていた。

そんな時に、私にまで関心が持てなかったり、時間を取れなかったりと、きっと今まで以上に、私に構ってるヒマなどないのでは?と、余計な気遣いをしていた。

主様、私を棄てるなら今です。
もしくは棄てずとも、しばらく蔵にしまい込むとか、そんな事を言い渡されても、今の私なら黙って納得するから。

そんな想いで、直接 主に詰め寄ってみた。
これでもかとしつこく、サラリと交わそうとする主を追い詰める。

けれど。
主は最後まで、『お前はバカだ』と、笑って頭を撫でている。ひとつも明確な答えを貰えないまま、私の心が、寂しさに冷たくなって行く。

あぁ。主は私に 素の顔なんて見せてはくれない。
弱っている自分とか、残酷な自分とか、私には見せてはくれないんだと、諦めに似た想いが 胸の中に満ちてゆく。

そんな絶望の中にいて、見た事がないほどの優しい顔をして、私を包み込む主を見上げていた。
どうしてそんなに優しくて、どうしてそんなに愛に満ちた顔をしてるのか…
混乱したまま、涙が溢れる。

私を抱きながら、主はその涙を どう思っていたのだろう。
まるで愛おしい恋人を抱くように、私を貫いてくれるその力に揺れながら、私はただ、信じてゆくしかないんだなと、なんとなく、わがままな想いに蓋をしてゆく。

信じている。
それは自分の想い。
主の本音や気持ちじゃなくて、私自身の想い。

結局、何がどう変わっても、私は主を慕っていて、その想いはどうしても、変わりようがない。

明日、世界が変わっても、私の想いは変わらない。
それだけを信じて、主の胸に、全て委ねている。

ひとつひとつ丁寧に確認をして、あとは祈るように、愛を信じている。
私が主を愛しているという、想いを。
スポンサーサイト
【2019/01/12 16:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<偽善者 | ホーム | ひとりよがり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mesubutarei.blog112.fc2.com/tb.php/196-6c27b03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する