FC2ブログ
ひとりよがり
奴隷が、奴隷でなくなろうとしている。
許されるべきでないはずの傲慢が、私をもっと、わがままにする。

適切な距離を保って、全てを主様に委ねて、
ただの玩具に徹するべきが、奴隷の在り方であったはず。
上手く自分をコントロール出来なくて、主様を呆れさせる事もあったけど
それでもまだ、これまでは必死で あるべき姿であろうと、自分に言い聞かせて来た。

なのに。
なぜ今になって、私はこんなにも、孤独に塞いでいるのだろう。
貫かれる力に揺られながら、息の上がる興奮に飲まれながら、その眼差しには確かに、温もりのある想いを感じているのに
主の心の闇や 拭い去れない疲労を、
まるで私に見せてはくれない主を、どこか遠くに感じている。

私は、主にとっての何なのだろう
性奴隷は それ以上には なれないのだろうか。
玩具であり、掃き溜めであり、それだけでも幸福だと、その思いは嘘じゃない。
だけど、私の本心は そうじゃない。
主の心の中の、もっと深みを求めている。
そんな資格、やはり私には無いのだろうか。
ひとりよがりな、思い上がった寂しさだろうか。

汗ばんだ身体を いくら重ねても
私の欲しい主様は、手の届かない場所にいる。
スポンサーサイト
【2018/12/04 23:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 嵐の夜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mesubutarei.blog112.fc2.com/tb.php/195-ae516a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する