FC2ブログ
嵐の夜
真夜中に、嵐の音に目が覚めた。
樹々に囲まれた 小高い場所に立つ我が家は
風の唸り声が大きく響く。
横殴りの雨が目に見えるように、窓が揺れて、目覚めた私の意識を はっきりさせてゆく。
……孤独。
普段はさほど意識しない、むしろ好んでいると思える独りの時間が、急に心細くなる。

例えば、隣に眠る誰かを揺り起こして、嵐が来たよと伝えたい。
ぐっすりと眠る横顔なら、黙ってその胸に、丸まってくるまれてみたい。
どんな風の音も、降り止まない土砂降りも、
何も心配は要らないと、そう思えるように。

嵐を知らずに 主様は眠っているのだろうか。
それとも その腕に 小さくうずくまる妻を 抱いて眠っているのだろうか。
生活感のない、長年の関係が 急にリアルに日常と重なる。
私はヒトリで、棚の隅の人形のように
ただ、「その時」を待っている。

寂しいとか 切ないとか、デジャヴのような想いが、どんどん膨らんで 私を押し潰す。
気圧の低さが、意味もなく私を追い詰める。

空が明けてゆく頃、ぼんやりとした頭の中に
急に思い出したように、主様の笑った顔が浮かぶ。
私の一人遊びを笑うみたいに、
何もかも、些細な事だと思わせてくれる。

主を失うこと以外、全ては小さな、些細なこと。
明日には、嵐も去るだろう。
スポンサーサイト
【2018/07/06 22:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ひとりよがり | ホーム | 長雨の午後>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mesubutarei.blog112.fc2.com/tb.php/194-3a4bf571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する