FC2ブログ
白昼夢
もぅ長いこと憧れている私の夢は、
まるでドラマの中の恋みたいに、主が私を抱きしめて、両手で頬を包んで 温かいキスをくれて、
愛しそうに見つめながら 何度も キスをくれる。
ベッドの中でも、きつく抱き寄せられながら、その胸に身を委ねて、波のように揺れては 主の吐息を感じる……。
そんな妄想だけで、時に湯船に溺れてしまいそうになるくらい、私の身体は熱をもち、高ぶってしまう。
それは、主に出逢ってしまった 遠い昔から、少しも変わることなく、私の憧れで、夢で、希望。
叶うはずのない、求める事すら 厚かましいと思える、私の夢。

けれど、今日の記憶を巻き戻してみると、
抱きしめてくれる主がいて、キスをくれる主がいて、その腕に抱かれながら 目を開けるとそこに、大好きな主の眼差しがある。
どうしても閉じてしまう、瞼を開けるたび、真っ直ぐに私を見下ろして、瞳を覗き込む眼差しがある。
恥ずかしくて 顔を背けて、声になる吐息を堪えて、歪んでしまう私の表情を、楽しむように 愛おしむように、見つめている主がいる。
きつく目を閉じると、わざと顔を寄せて 耳元に囁く。
「気持ちいいか? 良かったなぁ」
そう囁きながら、押し寄せて来る波は大きくなる。

それは、まるで白昼夢。
陽が落ちて、独りになって、ふと思う。
あれは 夢? 淫らな妄想?
憧れてやまない夢が、まどろんだ私に白昼夢を見せたのか。

何度も声を上げた私は、果ててゆく主にしがみ付きながら、軽く脚をつってしまった。
まだ少し痛む ふくらはぎを撫でて
妄想ではなかったと、顔が緩んでしまう。

主の気まぐれでもいい。
時にこんな風に、愛されている錯覚?に酔わされているのが たまらなく好き。
日常も、賑やかな日々の孤独も、隠し通すはずの寂しさも、全部どうでもいいと思える。そんな甘いひと時が 私の大切な 白昼夢。
醒めなければいいのに。ずっと、このまま。
スポンサーサイト
【2018/04/27 03:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<真実 | ホーム | 恋心>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mesubutarei.blog112.fc2.com/tb.php/191-cfee60a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する