FC2ブログ
自爆
先日の大泣き事件から一週間。
突然 主様から夜のお呼び出しが入った。
聞き分け良く泣き止んだ私に
まさか気を遣って下さったのかと
複雑な思いで 急いで身支度をした。

夜のお呼び出しなんて・・・どれくらいぶりだろう。
もうずいぶん長いこと、昼間のご奉仕に徹していた。
最後に夜にお呼び頂いた時も
車の中でのご奉仕だった。

コンビニでお茶とビールを買う主様を、ルームミラーで盗み見ながら
もしかして、まさかホテル???と、
あまりの緊張に具合が悪くなるほど。
そう。本当にこの1年、
私はご奉仕だけの性奴隷だった。

 「疲れた。マッサージしてくれ。」
シャワーを浴びた主様の背中を、掌でゆっくりマッサージする。
単純なまでの幸せが、私を満たしてくれた。

長い間、エロから遠ざかっていたおまんこに
主様が容赦なく、電マを押しつけて来る。
うるさいくらいに喘ぎ悶え苦しんで、
私はあっと言う間に、勝手にイッて呆れられる。
反省しながら、丹念に丹念に、
主様のペニスも、タマも、アナルも、
音を立てて舐めまわす。
同じご奉仕にしても、こんなに隅々まで舐めつくせたのは
本当にどれくらいぶりだろう。

後ろから、私の大きなお尻を強く叩きながら
主様のペニスが 入って来る。
嬉しくて嬉しくて、本気で泣きそうになる。
 「お前、薬飲んでるのか?」
答えたくなかった。
1年以上、おまんこを使って頂けなかった私は
不覚にも今月、ピルの服用を休んでいた。
ずっと、ずっと忘れず飲み続けていたのに。
 「・・・いいえ。」
小さな声で答えてすぐに、ペニスが引き抜かれて
絶望感と共に、支えていた膝の力がぬけた。

結局・・・
髪を掴まれ、涎まみれの口の中に
主様のペニスが出し入れされる。
大きくて張りのあるペニスを感じながら
主のミルクを子宮にぶちまけて頂く機会を失った切なさに
自分が情けなくなっていた。

それでも・・・
主様の肌の温もりを感じて、腕の中に潜り込みながら
久しぶりの幸福感に、私は浸りきっていた。
そんな思い上りが、私をおかしくさせていた。
 「主様、私の質問に何でも正直に答えてくれますか?」
 「いいよ」
 「ねえ主様、奥様とはどれくらいのペースでSEXなさるんですか?」
・・・我ながら、なんてバカな質問をしたのだろう。
 「そうだな・・・月に1度くらいかな。」
・・・衝撃だった。
 「なんだ、してないと思ってたか」
 「・・・いいえ」

本当は笑えないほどショックだった。
主様の性奴隷となって、もう何年も、私は勝手に思い上がっていた。
主様と奥様は、セックスレスなのかも知れないって。
バカな願望が、いつしか勝手な思い込みになってしまっていた。
・・・主様が
私を唯一の便所だと仰ってくださって
お前のチンポだ。便所の誇りを持て と言って下さって
それからずっと長い事
私は勝手に、子供だましのおとぎ話みたいに
主様のミルクは、私だけが頂けているんだと・・・
そう思い込んでいた。

それから先、笑いながら交わした、いろんな話を
私はろくに覚えていない。
私がこれほどショックをうけているなんて
主様はきっと、思いも及ばなかっただろう。

いつものように、KISSをくださって
手を振って車を降りる主様。
時々振り返りながら、後ろ姿の遠くなる主様。
いつまでも車の中で見送りながら
ただ呆然と、自分について考えていた。

・・・・私、どうしたらいいんだろう。
甘ったれていた自分が、急に歯がゆくなる。
確かに。
主様が仰るように、私は唯一の便所だった。
必要ではあるけれど、そこに愛は無いのかも知れない。
今更ながら、そんな現実に愕然とした。

性奴隷と言いながら
私はやはりどこかで、主様に愛情を欲していたのだ。
恋人のような愛情を。
けれどそれは、おとぎ話だったのかも知れない。
主様の愛情は、ちゃんと奥様に注がれて
自然な欲求で二人は身体を重ねておられる。
私のご奉仕なんかと比較しちゃいけない。

主様に恋をして
大好きな主様の趣向を受け入れて
不出来なままに、それでも私なりに性奴隷になろうとした。
主様がそう望むのなら、そうありたかった。
なのに、心がまだ、勝手に「恋人」のままだった。

・・・・みじめだった。
思い上がっていた自分が、
悲しくて、情けなくて、惨めだった。

なのにやっぱり
主様を失くせない自分を、私はよく分かっている。
混乱して、虚ろな頭で考える。
私は・・・どうしたらいいの?
これからどうやって、主様を愛し続けたらいいだろう。
「恋人」を想うような想いのままじゃ
私はいずれ、ダメになる。
ほんの時々、お仕事の合間に呼ばれては
車の中でご奉仕させていただきながら
奥様と温かく肌を重ねる主様を思って、
その切なさに、きっと心がもたなくなる。

つくづく、バカな質問をしてしまった。
主様は正直に答えて下さる方なのに。
心のどこかで、ずっと信じて来たおとぎ話を
確認できるとでも思ったんだろうか。
・・・自爆。
心が、木端微塵になった音が聞こえた。

愚かな私は
これから全てを捨てて
ただ主様に気に入って頂けるおもちゃに・・・
なれるんだろうか。
心に鍵をかけて。
スポンサーサイト
【2011/04/30 02:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<見つめて | ホーム | 覚悟。再び>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/05/06 00:10】 | #[ 編集]
マスターは、家庭も仕事もしっかり守りこなしてこそだと思いますよ家庭も仕事もおろそかにするような方が、奴隷の心を守れるわけがないと思います

ブログ上でしるあなたのマスターは素晴らしい方で、そういうマスターがいるあなたを羨ましいと私は常々思っています

私は、嫉妬深い女ですが…主従と恋愛感情は別物なので(恋愛感情があると心の全てが捧げられません)奥様への嫉妬で苦しむことはなかったから言えるセリフかもしれませんね

どうぞ、これからもどんな姿でもどんな感情でも、マスターとの絆と繋がりを信じて歩いて下さいね
【2011/05/08 01:45】 URL | 沙雪 #-[ 編集]
ありがとうございます^^
きっと・・・同じような想いの奴隷さんは、たくさん?いるんだろうな~って、思っていました。
不安で、寂しくて、もどかしくて、
だけどご主人さまが大好きで、
自分を励ましながら歩くしかないんですよね(^^;)
時々こうして、メッセージを頂けると嬉しいです。
私も素直に、綴っていきたいと思います。
【2011/05/10 00:30】 URL | 隷ちゃん #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
そうなんです。主様は本当に素晴らしい方で、
それを充分わかっているからこそ、お傍を離れられないのです。
主従と・・・恋愛感情を一緒にしてはいけないのかもしれません。
けれど、私にっては、
「先ず恋愛感情ありき」なのです。
愛しているから、従う決意をして、今に至っているのです。
この想いがなければ、きっと、とっくにギブアップしているかも^^;
だから・・・きっとこれからも
悶々として苦しみながら、愛してゆくのだと思います。
主様との絆と繋がりを、信じられる間は。
・・・沙雪さま、また、お声をかけてください。
そして、愚かな私に、アドバイスや励ましをお待ちしています。
【2011/05/10 00:44】 URL | 隷ちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mesubutarei.blog112.fc2.com/tb.php/167-ee19ad54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する