FC2ブログ
イケる乳
 「久しぶりにブログを見たが・・・、更新してないな。」

お逢いして早々、主様にそう言われた。
 「す、すみませんっ・・・あ、あのっ、更新するようなネタも無くて・・・
<・・・それは嫌味か> という顔で、主様が睨む。
 「すみません・・・

毎年恒例。主様のご多忙な夏。
それでも、私はちゃんと可愛がられている。
ほんの時々の短い逢瀬も、私の充電が切れる頃には、忘れずにお呼び頂けている。
夏の木陰の車の中で、もう何度 ご奉仕させて頂けただろう。
そのたびに、温かいミルクを飲みほしながら、自分の想いを確認する。

今日も、汗をかいた主様の、少しすっぱい匂いの股間に顔を埋める。
張りのあるペニスが嬉しくて、無心になってしゃぶりつく。
ノーブラの乳房を鷲づかみにされながら、涎と共に声がもれる。
 「痛いのか? 気持ちいいのか?」
 「・・・気持ちいいです・・」
ペニスを咥えたまま、小さく答える。
前髪をかき上げながら、優しく髪を撫でて下さっていた主様が、ゴムで束ねたお団子の髪を掴む。
‘乱暴‘と呼ぶほどでもなく、掴んだ髪を引っ張って、主様がピストンの動きを強要する。
それは・・・ 前回お逢いした時に、「髪を掴まれると、感じてしまう」と言った私への愛撫なんだろう。
嬉しくて、自然と下着の奥が濡れてくる。

声をあげながら、夢中でしゃぶり続ける私を見下ろしながら、
主様が突然、ペニスから私を引き離した。
 「ほんっとに・・・可愛いやっちゃ・・」
そう仰って、涎まみれの私の唇に 強く唇を押しつけて下さる。
なめらかな舌が、すぐに唇をこじ開けて、私の中に入って来た。

  ・・・・愛されている。

大きな両手の掌で、丸いほっぺたを掴むように包んで、
主様は何度も、唇で、舌で、KISSをくださる。
 <幸せすぎて怖い>というのは、こういうのを言うのかもしれない。
主様に愛されたいと願い続けている私の、願いが叶う瞬間。
胸がいっぱいになるのと同時に、温かい、熱い涙が
瞼の奥と、下着の奥に、溢れてくる。

ほっぺたを包んでくれていた手のひらで、再び髪を掴んで
私の顔を股間に押し付ける。
 「モノのように扱われて、嬉しいか。」
 「はい。」
再び、乳房を強く掴みながら、もう片方の手が頭の上に置かれる。
手のひらで、強く掴んで、乳首をねじるように摘む。
思わずペニスから口を離してしまうほど、声を上げることを堪えきれない。
幸せが、私の全身に広がる。
しばらく喘ぎながら、自分なりに堪えてみたはずなのに・・・
何かが、私の子宮を突き抜けて行った。
・・・・ご奉仕も忘れて、主様の胸にうなだれて、膝をついて身体を支えているのが精一杯だった。

 「どうした。・・・まさか、乳だけでイッタか。」
 「・・・はい。す、すみません・・・イッてしまいました。」
 「・・・そうか。乳だけで・・・か。」
確かに。 揉みしだかれる乳房で、感じ入っていた私がいる。
だけどそれは、主様に愛されていると感じた私の身体が、勝手に過剰に反応したのだろう。
 「そのうち、しゃぶるだけでイケるようになれ。」
 「・・・はい。」
まだ力の入らない身体のまま、再びペニスを頬張る。
汗の匂いはすっかり消えて、私の唾液の匂いしかしないペニスに、すがりつく思いで舌を這わせた。

すでに、私にとっての‘性欲‘の対象は、主様そのものになっていた。
膣に割って入るペニスの熱さも、
乳房を揉みしだく手のひらの温もりも、
それが主様でなければ意味のないもので、
そんな事よりもなお、
例えば私の身体に 主様が触れる事が無くても、
私はたぶん、主様の存在と、主様に所有されるという現実だけで、
充分に悦楽の世界に浸っていられるのだと思う。

主様に見つめられると、それだけで濡れてしまう牝豚。
淫乱に涎をたらしながら、髪を掴まれて喘ぐ牝豚。
乳房を掴まれて、簡単にイッテしまう牝豚。

いつまで お傍に置いて頂けるのかはわからないけれど
ずっと 主様の足元に膝をついて
モノ欲しそうに見上げる、恥知らずな私でいたい。

スポンサーサイト
【2009/08/11 23:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<奴隷の幸せ | ホーム | 寝起きでご奉仕>>
コメント
このたび、ブログをリニューアルしましたので、また遊びに来てください。
画像をクリックすると期間限定でお宝が見れます。
【2009/08/12 15:38】 URL | 光源氏のタク #-[ 編集]
お久しぶりです。
月一の更新は少し寂しいように感じます。
主様も同じように感じておられるようですね。
ますます主様専用奴隷に近づいていくさまを
応援させて頂きます。
【2009/08/16 03:08】 URL | ポンポコ #UbCtKfmc[ 編集]
>ポンポコさんへ
    ありがとうございます♪
    応援して頂けてうれしいです^^
    ・・・・その声に・・・応えていけるかしら(^^;)
【2009/08/23 23:46】 URL | 名無しさん #M87Pn07Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mesubutarei.blog112.fc2.com/tb.php/158-bda63ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する