FC2ブログ
飛梅
思いがけず、ひょんな事から、主様のご自宅へ伺う機会がありました。

主様とは・・・
仕事を通じても時々関連を持つため、
たまに こうして、危うい距離に立つこともある。

一目でも。
お目にかかれたら・・・という思いと、
もしも 奥さまやご家族にお会いしてしまったら・・・という思い。
微妙な心の揺れに、上手く自分が対応出来ない事を知っているので、
主様のご自宅へ伺う事を、私はあまり嬉しく思わない。

今回は、主様にお目にかかる事は無く、(おそらく私が来た事も、主様はご存じないでしょう・・・)
主様のお父様と、短いやり取りをして、玄関先で失礼する事となる。

庭に咲く、見事な梅の花。
小さくて固い蕾が、その花びらをほころばせて、
やわらかな香りを放っている・・・。
紅くほころぶ、その花を見上げながら、
大宰府の「飛梅伝説」を思い出していた。

主(あるじ)を想い、慕う梅の木が、
遠く移り住んだ主を追って、たった一夜にして主の元へと飛んで来た・・・。
そんな、飛梅の伝説。
・・・・あぁ。なんて羨ましいお話。
来る日も 来る日も 愛するお方のすぐ傍で
揺るぐことなく、見つめ続ける。
春が来れば風に吹かれて、その鼻先に香れる想い。

なんだか急に、その紅く開いた梅の花に、嫉妬すら感じて、
恨めしい思いで、お庭をあとにした。

梅の香りも、桜の花も、ひぐらしの声も、紅葉の色も、
主様が求めずとも、いつも主様の傍で主様の日々を彩っている。
私も・・・ そんなふうになれないものか。
s004_20090214215316.jpg
スポンサーサイト
【2009/02/14 21:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「尻」 | ホーム | バレンタイン・ブルー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mesubutarei.blog112.fc2.com/tb.php/147-51999540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する