FC2ブログ
主様の出世☆
単純に言うと、主様が出世した。
今までと違う仕事をなさるわけではないけれど、
その責任と重圧は、一気に大きくなったのだと思う。

その準備のために、このところお忙しくて、なかなか構って貰えなかったんだけれど、
そんな事は、お付き合いを始めた何年も前から、わかっていた事。
だから、お忙しいゆえの放置も、全然平気なはずだった。
それでも、たまに電話を頂いたり、メールを頂いたり、
時には ほんの少しの時間、車の中でお話したり、ご奉仕したり・・・・

・・・が、そんなプチ放置の期間(主様に言わせると、放置した覚えは無いらしい^^;)、
私の生活の中で、いろんな変化、というか、出来事があって、
なんだか凄く落ち込んだりして、思い悩む事が多かった。
独りで勝手にナーバスになって、後ろ向きな考えばかりが浮かんで、
大切なものまで、見失いかけていた。

主様の環境の変化が、私の変化にもなりそうな気がして、
言いようのない不安に襲われたり、自分で勝手に投げやりになったり・・・。
そして迎えた、主様、ご出世の日。
凛とした背中、晴れやかなお顔を見つめながら、
独りで勝手に、~~あぁ。もしかして私も、主様を卒業しなくちゃいけないのかも・・・~~
なんて考えて、複雑な心境で、同じ時間を過ごした。

そして、それからほんの二日後。
主様からお電話を頂く。
「家にいるのか?30分くらいなら、逢えそうだ。」
嬉しくて、久しぶりにお逢い出来る主様に、ちょっと気恥ずかしくなりながら、到着を待つ。

久しぶりに見上げる、主様の顔。
改めて、「おめでとうございます」を言って、瞳を覗き込む。
なんだか懐かしいほどの、主様のKISS。
いつもより優しくて、何度も唇を重ねた。

少し、いろんなお話をして、主様がどれほどお疲れなのかを、あらためて知る。
 「時間が無いしな。 今日は、やめておくか(奉仕を)。」
腕時計を見ながら、主様が仰る。
優しいKISSだけでは物足りなくて、結局私は、主様の足の間に、正座する事となる(笑)

久しぶりの、主様の匂い。
私の口の中で、すぐに張りつめてくる主様を感じながら、
主様の深い溜息を聞く。
 「これから・・・何か変わるんですか」
 「いいや。なんにも。」
主様の太ももに置いた私の手に、主様の手のひらが重なって、一瞬泣きそうになる。
口の中を占領するペニスの張りよりも、重ねた手のひらに胸が熱くなったのは、
きっと、私がよほど 寂しかったせいだろう。

主様を取り囲む、大きな環境の中で、責任あるポストに就任されて、
これから訪れる怒涛の日々に、私は勝手に、もう自分は必要とされないのかもしれないと思い始めていた。
 「もう少し待ってろ。そのうちゆっくり、時間作るから。
  お前にオモチャも買ってやってないしな・・・。
  ちゃんと、ケツの穴も使えるようにしておけよ。」
何度も何度も、髪を撫でながら、優しい口調で主様が仰る。

・・・・お呼び頂ける。これからもまた、お呼び頂ける。
そう確信しながら、ただ夢中で、ご奉仕にふける。
はじめから主様は、何も変わらなくて、私を解放する事なんて、きっと考えてなかったのかも知れない。 私一人が、心が揺れて、不安になって、ネガティブになっていただけの事だろう。
・・・・時々顔を上げて、盗み見る主様の顔は
いつものように穏やかで、静かに私を見降ろしている。
 「イクぞ」
主様の小さな声が聞こえて、重ねていた手のひらに、わずかに力がこもる。
口の中に広がり、喉を通過してゆく主様のミルクは、
なんだかあらためて、私の身体に主様という細胞を植え付けた。

やはり。
この人について行こう。
迷う事無く、この人だけ見つめて、ついて行こう。

勝手に揺れていた私の心が、また勝手に、道を確信している。
主様の知らないところで、私の迷いが、完結した。

わずかな時間の、始まりも終わりも、主様は優しいKISSを沢山くれて、
再び寂しがる心に、ちゃんと「お守り」をくれる。
お別れに手を振る頃には、もうすっかり不安が解けて、
主様の言うように、「何も変わらない」想いが、私を支える。
私は、また変わらず、主様だけを待ち続ける。
スポンサーサイト
【2008/11/05 04:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<M女☆ガールズ・トーク | ホーム | 反省文(^^;)>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/11/05 11:30】 | #[ 編集]
>鍵コメさんへ
    はじめまして^^ 気持ちのリンク、嬉しい
    です。 自分勝手な戸惑いや、迷いが、
    実は沢山あります。(主様は知らないけれ
    ど^^;) 勝手に泣きはらしたり、勝手に落
    ち込んだり、主様の知らない所で、私は
    忙しいのです(笑)  でも結局辿り着くの
    は、主様におまかせするしかない、現実
    だったりします。どんなに勝手に思い悩ん
    でも、結局は主様にゆだねてしまいたい。
    そう思って、暮らしています。
    お互いに、仕方がないですね^^; すがり
    たいほど、愛しているんですもの♪♪
【2008/11/05 17:50】 URL | 隷ちゃん #M87Pn07Y[ 編集]
更新が無いから心配していたよー

お付き合いも長くなると、色んな時期があるよね^^

男性は言葉が少ないから、奴隷としてはついつい淋しさのあまり、考え過ぎたり妄想したり勝手に奴隷解放しちゃってたり?!
考え過ぎちゃうってあるよね~

でも、主様、ちゃんと少しでも時間を作ってキスまでいっぱいしてくれて、本当に優しいね♪

良かった、良かった!!

【2008/11/06 16:23】 URL | miwmiw #dzgmUD7Q[ 編集]
>miwmiwさんへ
    お久しぶりです♪ えへへ、心配かけまし
    た~~^^;  なんだかんだ言って、幸せ
    な隷子です♪  ホント、主様こんなに優し
    いのに、勝手に暴走する、アホな奴隷で
    す・・・(^^;)  またボチボチと、勝手で
    呑気な惚気記事、書き連ねま~す☆
【2008/11/07 13:03】 URL | 隷ちゃん #M87Pn07Y[ 編集]
ほんとうに、その時その時しか解らなくなるんだよね。
解る・・・私の主様の状況もこれから急転直下
変ります。私の使用頻度は、この先落ち着くまで
どうなるかわかりません。
まあ・・・放置には慣れとりますが・・・
慣れとは別に、自分の立ち回りというものも
それにあわせて変化するわけで・・・
私自身が、その変化にうまく対応できるか
っていうのが不安です。
隷ちゃん先輩、そのときはなぐさめてねっ!v-16
【2008/11/08 14:36】 URL | はー #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mesubutarei.blog112.fc2.com/tb.php/138-2142cbf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する