FC2ブログ
困難な想い
暗い闇の中から、まだ抜け出せずにいる。
主様からは、当然 何のご連絡も頂けないまま、時だけが過ぎてゆく。

主様がどこにいて、何を見つめて、何を思っているのか、今の私には分からない。
私なりの解釈で想像してみても、それは あくまでも想像で、その域を超える事はない。

私は、待機なのだろうか。
それとも、破棄なのだろうか。
むしろ、主様の心には、もう私は居ないのかも知れない。

どんな事情も仕方がないと、受け入れられるつもりでいた。
私の想いが独りよがりでも、それでも、出逢えた事に感謝出来ると。

それなのに、この上ない孤独が、私を闇に引き戻す。現実に向き合う事を拒むように 光のない部屋で、うずくまったままの私がいる。

救われる事を望みながら、そうでなければ いっそ残酷に踏み棄てて欲しいと、強がりじゃなくて、本気でそう思う。

私は、いつ前に進めるのだろう。
一歩踏み出した先が、光でも 闇でも、そこにある未来を 知りたい自分がいる。

主様、もしかしたら

もしかしたら私は、

耐えられないのかも知れません。

ごめんなさい。
ごめんなさい。
ごめんなさい。
スポンサーサイト
【2019/04/09 04:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する