FC2ブログ
年賀状
2017年。主様から年賀状が届いた。
正確には、毎年 主様以外の方が 沢山のアドレスデータの中から自動的に送る、いわゆる仕事関係者のような、儀礼的な葉書。
ただ、代表である主様の名前が記されているというだけで、私に年賀状が届いている事を、おそらく主様はご存じ無い。
それでもなんとなく嬉しくて、毎年大事に眺めているのだけれど、
今年の葉書は、いつもと違った。
何が違うのか。
差出人のお名前の欄に、主様の隣に 奥様のお名前が記されている。
もちろん、それは初めから印刷されているもので、全ての宛先に同じ葉書が送られたのだろうし、おそらく、そこに深い意味など無いのかも知れない。
けれど私は図らずも、ひどく心が波立ってしまった。
主様から聞いた訳ではなく、ただ人の話から、なんとなく知っていた、奥様のお名前。
初めて、漢字で知った。
何年経っても、まだ身の程を分からずに、
そんな事に心が波立ってしまう私は
主様と知り合ってから初めて、新年のご挨拶が ずいぶんと遅くなった。
勝手に心が ささくれていたのだ。

それでも、1月の半ば近くになって、主様からお呼びがかかる。
新年のご挨拶が遅れた事をお詫びすると、
数日前に誕生日を迎えた私に、おめでとうのメールをしたつもりでいたのに、未送信のままだったと、笑いながら仰った。
私の誕生日を、主は忘れていなかった。
物覚えの悪い主様が(失礼)、ちゃんと私の誕生日をご存じだった。
嬉しくて、気恥ずかしくて、それには触れずに、ひざまづいた。

今年も、主様の側に置いて頂こう。
出来る限り、許される限り、お側に置いて頂こう。
解けない魔法は、もう16年目を過ぎて、今も私を幸せにする。
スポンサーサイト
【2017/01/19 16:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する