FC2ブログ
「道具に徹しろ」
思いがけない時間に、主様からメールが届く。
まだ仕事場にいた私は、慌てふためきながら、駐車場に向かう。
何の予告も無かったけれど、その日主様は、仕事で隣の県にお泊りのようだった。

一週間ほど前、お呼び出しのメールを頂いていたのに
仕事で遠方にいた私は、その大切なチャンスを逃していて
それから毎日毎日、次のお呼び出しには飛んで行けるように、
主様からの連絡を待ちわびていた。

7月下旬から 本格的なダイエットを始めた私は、
すでに10キロの減量に成功していて
主様に褒めてもらえるかもしれないなんて
ほんの少しの期待に、ちょっとワクワクしていた。

主様のいるホテルの、暗がりの駐車場に停車して、遠くに見える主様の影を待つ。
逢いたくて、触れたくて、触れて欲しくて、
主様を待つ間の鼓動は、何年経っても、その速度を落とさない。

お酒の匂いを漂わせながら、少し疲れたご様子で 車のシートに深く腰掛け、
 「いいじゃないか。ここでいい。暗くてちょうどいい。」
どうやら主様には、今日もあまり時間がない。
部屋では仕事関係の先輩が、飲みに行こうと待ちかまえているらしい。
 「あまり時間は無いぞ。」
そう仰る主様の股間に、恨めしそうな顔をして小さくうずくまる。
大好きな匂い。
車内は暗くて、見上げても主様の顔は、よく見えない。
でも、大好きないつもの匂いで、主様が傍にいる安らぎが満ちて来る。

舌先で舐めて、唇でキスをして
ペニスが生き物のように、掌で大きくなってゆく。
 「そういえばお前、また色々買ってたな。」
主様に構って欲しい一心で、私はまた、新しいおもちゃを幾つか仕入れていた。
 「手枷も買ったって?」
ペニスを頬張りながら、黙ってうなずいた。
 「お前、ほんとに変態だなあ」
・・・そういえば、おもちゃを買いましたとメールでお伝えした時も
主様は同じコメントのメールをくださった。
もしかして・・・。
どんどん前のめりにエスカレートしてゆく私の変態ぶりに、
若干ドン引きされてはいないだろうか・・・。
そんな小さな不安を抱きながら、以前に「正直であれ」と仰った主様の言葉を信じた。

だって私は、手枷を付けられ、首輪はチェーンで繋がれ、
意思も自由も制限されながら 主様の好きなように扱われていたい。
主様のお傍では 主様の為だけに、そこに存在していたい。

そんな事を考えながら、汗ばんだ髪を鷲掴みにされるうちに
私は勝手に身体中で感じ入ってしまい、時折ペニスから口をはなしては叱られ、
また 頭をグッと押さえつけられる。

ショーツから大きくはみでたお尻は汗ばんで
その中心はヌメヌメと潤いを増す。
たまらなくなって足を開いて身悶えしながら手を伸ばすと、
 「触るな。」
主様からピシャリと叱られる。
 「どうした。感じてるのか。」
 「自分で触らずに、ただしゃぶってイッテみろ。」
おそらく、指で触れたら音を立てるほど、もうソコは潤っている。
 「あぁっ・・・んあぁっ・・・」
もどかしい腰を振りながら、主様のペニスにすがるように握る。
 「お前、性処理奴隷なんだよなぁ。俺の、性処理の為の道具なんだよなぁ。」
 「・・・はい」
 「だったら道具に徹しろよ。」
すでに乱れている髪を、主様が両手で鷲掴みにして、股間に押し付ける。

惨めで、情けなくて、ちっぽけな自分が
涎をたらしてペニスを咥えている。
 「道具に徹しろ」
主様の言葉が 心の中を支配してゆく。

ストイックすぎる、過酷なダイエットも
剃るのをやめて、毎日1本1本毛抜きで処理した、ふわふわのオマンコも、
主の「道具」であるための、幸せな努力なのかもしれない。

主様好みの、痴女になりたい。
変態で、恥知らずで、主のペニスが、ミルクが欲しいと懇願する、
そんな情けない痴女でありたい。
恋焦がれる主様への想いを、臆することなく差し出していたい。
主様が呆れて笑うほど
私は変わってしまったのだろう。
この10年、恥じらいよりもプライドよりも、
主様の足元にひざまづく事が
最優先の大切なことになった。

「道具」の夢は
壊れるまで使って頂けて、
壊れたら、手直しして愛用して頂けて、
そしていつか、動かなくなったボロの道具を
それでも懐かしく、手元に置いてもらえたら・・・。

そんなこと無理かな。
目新しくて優秀な、新品の道具が、巷には溢れているのに。
スポンサーサイト
【2013/09/29 02:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
過敏なクリトリス
 「お忙しいですか? ご奉仕がしたくてたまりません!!」
そんな厚かましいメールを、主様に送った。
 「今日は時間が取れそうにない」
いつもはメールの返事なんて、そうそうくださらない主様が(ご本人に自覚は無いようで・・・)
その日はすぐに、返事をくださった。
私が悶々として、苦しんでいると思ってくださったのか・・・(爆)

それから数日、おとなしく?自慰に励んでいた私は
どうやらオナニーのやりすぎで、筋肉痛になってしまった(笑)
それをまた、メールで主様に伝えると、
しばらくして、ご奉仕にお呼び頂けた。

 「オナニーしすぎて、筋肉痛だって?」
 「はい。でも生理が始まって、オナニー休んだら、筋肉痛も収まりました」
事実その日は生理中で、それでもお呼び頂けて嬉しかった私は、
タンポンに、Tバックとガーターで、気分だけでもエロエロモードで出かけて行った。
 「あまり時間は無い。」
そう仰る主様の、足の間の定位置に座り、
汗に蒸れたペニスの匂いを堪能しながら、ウキウキと舌を這わせた。

主様の汗の匂いと、自分の唾液の匂いにまみれながら
無我夢中でしゃぶりついていると
 「お前、ほんとにチンポ好きだな~」
面白そうに主様が仰る。
 「そんなにチンポが好きか」
少し考えながら、主様の顔を見上げて頷く。
休む事なく、ペニスを頬張り舌を這わせながら
心でちゃんと、考えてみた。
手を止めて、主を見上げた私に、「どうした?」主様が尋ねた。

 「私、チンポなら何でも好きなわけじゃありません。」
 「・・・そうか(笑)」
そもそも、本来私は、フェラチオが好きなわけでも何でもない。
単純に、「チンポ好き」なわけでもない。
主様が大好きで、どうしようもなく大好きで、
その主様のチンポだから、四六時中でも咥えていたいわけで・・・(笑)
それをどう、主様に伝えていいか分からないまま、
むしろ、主様にとっては どうでもいい事なのかも知れないと、
また夢中で、舌を這わせた。

頭に手を添えられて、
時折、少し強く押えられたり、髪を撫でられたりしながら
自分が求めて止まないのは、「主のチンポ」ではなくて主様なのだと、
心の中で復唱するように、そんな想いが浮き彫りになる。
・・・だから、私はいつも主様のミルクに飢えている。
主様のミルクが欲しくて欲しくて、どの穴でもいい。私の中に注いで欲しいと懇願している。

そんな想いで舌を這わせていると、
生理中だからなのか、そんな事は関係ないのか、
窮屈な下着の中で、クリトリスが充血して膨らんでゆくのを感じた。
タンポンで塞がれた穴からは、愛液が溢れることはない。
でも確かに、私の下半身は熱を持ち、腫れあがったクリトリスが
私を快感の波に呑み込もうとしている。

モジモジと腰を動かし、息の荒くなった私に、
 「しゃぶってて感じているのか。ホントに変態だなぁ」
主様が静かにそう言いながら、頭をさらに、押さえつける。
結局、私は夢中でしゃぶりながら、簡単に2度も昇りつめてしまった。
下着の中では、おそらくめくれ上がったクリトリスが、まだずっとヒクヒクしている。

 「飲みたいか?」
 「はい。」
 「ちゃんと口に出して言ってみろ」
 「主のザーメンを・・飲ませてください・・」
言葉に出して言いながら、また、小さな波が押し寄せて来る。
私はどうしてこんなに 感じてしまうのだろう。
疼くような股間がどうしようもなくて
ガーターの太ももから、爪を立ててしまう。
 「生理中なんだろう?触りたくて、ウズウズしているのか?」
主様のミルクが飲みたいだけなのに、なぜこんなに、快感の波に呑まれるのだろう。
 「いいなぁお前、しゃぶってて、そんなに感じてるんなら。」
昂りを抑えられないでいる私を、面白そうに主様が見下ろす。
 「イクぞ。飲めよ。」
最後の一滴まで、静かに丁寧に舐めつくして、
波が引いてゆくのを寂しい思いで感じていた。

肌が触れ合わなくとも
生理中でも、そうでなくても、
主様へのご奉仕は、私にとってのセックスなのだろう。

向き合って
時折見つめて
声にするのが難しい言葉を声にして
恥ずかしい事も、たくさんある。
短い時間の中で、
伝えたい事の半分も伝えられないまま、
だからこそ
主様に満足して頂きたくて
主様のミルクがどうしても欲しくて
ご奉仕は
私にとってのご褒美となり、セックスともなり得る。
【2013/09/11 13:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アナル
欲望にまかせて、飽きるほどオナニーに没頭した翌日
思いがけず 主様にお呼び頂けた。
お仕事のために泊っておられるそのホテルは
ひと月前の夜、お呼びいただいた同じホテル。

おもちゃも一緒に持って来るよう指示を受け
オナニーに使いまくっていた(笑)お道具を一つ一つ丁寧に洗い、
ぎっしりとバッグに詰め込んだ。

張り切って、久しぶりにプラグを仕込んで出かけたものの、
主の待つホテルまで、車で1時間以上。
高速を飛ばしながら、その振動に身ぶるいしてきた。

部屋に着くなりへたり込み、汗ばんでいる私に
主様が不思議そうに、顔を覗きこむ。
 「・・・プラグを付けて来たんですが、すでに限界みたいで(汗)外して来てもいいですか」
 「付けて来たのか(笑)仕方ない。外して来い」
我ながら、プラグの装着が久しぶりである事を、反省した。

プラグを抜いて、ようやくスッキリした私に、
主様がベッドへ上がるようにと促す。
投げ出された足の間に座り、主の下着を下ろしながら
嬉しさを隠せない(笑)

汗ばんだペニスを頬張りながら
お道具バッグを探る主様を覗き見る。
 「お!こんなのもあったなー」
 「そうそう。これもあった。」
お道具を準備しての調教?が、どれほど久しぶりなのか
なんだか改めて実感する。
短い時間を縫って、車の中でのご奉仕はさせて頂けていても、
やっぱり、時間を取って調教したい、虐めてやりたいと思って頂けるだけの努力を
私はずっと、怠っていたのかも知れない。

主様が取り出したのは
大きなペニスのディルドと、アナル用のスティック。
 「後ろを向いてケツを出せ」
ショーツを下ろすでもなく、横に引っ張ってずらし
ディルドをグッとねじ込んで来る。
 「しゃぶってるだけで濡れたか。変態だな。」
深いピストンで、充分に馴染ませたあと
少しのローションが落とされ、アナルにスティックがねじ込まれる。

どうしてだろう。意外なほど痛くない。
それよりも、ディルドが刺さったままのオマンコが
充血してヒクヒクしているのが自分でもわかる。
明るい部屋で、久しぶりに主の目の前に下半身を晒されて、
濡れて恥ずかしく音を立てている事実に、私はどうしようもなく興奮していた。

しばらくオモチャで掻き回された後、
もう充分にだらしなく濡れたオマンコに、
主様のペニスが差し込まれる。
壁の薄い、ビジネスホテルの部屋に、少し大きめの音量でテレビの音が流れ続ける。
声を殺しても、それでも漏れてしまう喘ぎ声に
主様にピシャリとお尻を叩かれながら、「うるさい!」と叱られる。

少し強引な 主様のピストンが
嬉しくて嬉しくて、私はまた、悲鳴を上げる。
 「イッてもいいぞ。静かにイケ。」
我を忘れそうな私に、主様は冷静な口調で仰った。
・・・いつも、夢中になって果てるばかりの私に、主様は本当に楽しんで下さっているのだろうか。

お尻だけ突き出して、崩れ落ちた私に
再びディルドが差し込まれた。
イッたばかりで、まだ痙攣の残る膣の粘膜が
それでも潤って、ディルドを咥え込もうとしている。
・・・そして
主のペニスがアナルにねじ込まれる頃には、
どの穴でもいい。私は主のペニスが欲しくて欲しくてたまらなくなっていた。

濡れたオマンコに刺さるディルドが、ズルズルと抜けそうになる。
それを手で押さえながら、主のペニスがアナルに出し入れされている。
・・・痛くない。
それどころか むしろ動きを止めないで欲しいと
心から切望するほど、私は変態らしくなっていた。

お尻を平手で打ちながら
主様の息が荒くなるのを感じる。
また嬉しくて、お尻を高く突き出してしまう。
 「イクぞ」
アナルに深く突き刺されながら
私の子宮が、またドクンと濡れた。
いつもより荒い主様の息に、
楽しんで頂けたのだという実感が、少し私をホッとさせた。

主様に楽しんで頂きたくて、喜んで頂きたくて
私という玩具を沢山使って頂きたくて
そのために、どこへでも飛んで行こうと決めているのに、
それでも、
やはり全てが、私にとってはご褒美になり
私ばかりが夢中になっている気がしている。

恥ずかしい事も正直に
何でも口に出して言いなさいと仰る主様。
これまでだって、不出来な私を、呆れながらも傍に置いて下さった。
 「飽きるまで飼ってやる。」
そう仰ってくださる優しい主様に
飽きられぬよう、努力しよう。
気持ち良く、使い勝手の良い玩具であるように
毎日毎日、堂々と変態奴隷で暮らしていこう♪

【2013/09/11 11:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する