FC2ブログ
好きで好きで好きで
9月の初めに、約10か月ぶりにホテルに連れ込んで(笑)頂いた。
 「去年の11月以来、連れてってもらってないって、ブログに書いてあったからな
その少し前に、主様はダンボール箱一杯の新しいオモチャを買って下さって、
その日のホテルでは、本当に久しぶりに、
おまんこも、アナルも使って頂けたし、オモチャでも沢山遊んで頂いた。
・・・・ただ、久しぶりに明るいバスルームや部屋の中で、
出逢って以来、マックスに育った裸体を晒して、
 「嫌われてしまうかもしれない」という不安が、私の心に沸き起こっていた。

それから・・・・約2か月。
ほんのたまに、メールを頂いたものの、互いに仕事に追われていたのか、お逢いする機会は頂けずにいた。
仕事の忙しさに紛れて、寂しい想いや、狂おしい想いを、なんとか胸の中にしまってはいたものの、
「嫌われたんじゃないか」とか「飽きられたんじゃないか」とか、
私らしくないネガティブな思いが、少しずつ蓄積されてきていた。

 「今日は仕事か?」
久しぶりにメールを頂いて、めずらしく休みがとれた事を伝える。
髪を洗って、化粧をして、待ち合わせに向かう。
主様を待つ間も、ドキドキして具合が悪くなってくる。(爆)

2か月ぶりの主様の顔。なんだか ちゃんと見れなくて、すぐに両足の間に潜り込む。
腰を痛めて辛そうな表情に、
(なんで腰なんか痛めてるの)って、勝手に嫉妬する。

下着を取った股間に顔を埋めて、大きく深呼吸してみる。
 「なに真剣に匂いかいでんだよ」
 「2か月ぶりなので・・・満喫させて下さい
主様の匂いに、胸がいっぱいになる。また、ここに帰って来れた。
口の中に含んでしまうのがもったいなくて、ゆっくり、じっくり、キスをする。
普段、あんなに むしゃぶりついていたペニスなのに、
久しぶりすぎて、愛おしすぎて、嬉しすぎて、どう愛していいかわからない

 「どうだ。久々のチンポは、美味いか。」
舌を這わせながら、小さく頷く。
 「もっと舌を使え。・・・そうだ。そう。」
主様に言われるまま、大きなペニスをキャンディーみたいに舐めまわす。
 「顔を上げて、こっち向きながら舐めてみろ」
ふいに、ペニスが取り上げられて、硬くなったペニスで、頬を叩かれる。
慌ててペニスを追いかけるように、口を開けて、舌を出して、顔を突き出す。
 「お前、そんなにチンポが好きか」
 「チンポで顔叩かれて、喜んでるのか」
 「変態だなぁ。チンポ好きの変態だな」
・・・・すべての問いかけに、吐息と共に頷きながら、
 「あぁ。そうなんだ。私はそうなんだ。」 自分の心が、認識してゆく。

髪を掴まれて、顔を上げられ、
だらしなく出した舌に、硬いペニスが擦りつけられる。
 「・・・なんで泣いてんだ。・・・悲し泣きか?・・・嬉し泣きか?」
胸がいっぱいになって、涙が溢れて来る。
 「嬉し泣きか。アホ。」
さらに顔を上げられて、顔中にペニスを擦りつけられる。

主様は、私がどれほど不安で、寂しくて、泣くのを堪えていたのかを知らない。
主様の匂いや温もりに安堵して、
大好きなペニスを味わいながら、涎を垂らす幸せを、
また こうして感じながら、幸せに胸が張り裂けそうになる。

 「ミルク、飲みたいか」
 「はい」
ゆっくりと、口の中にミルクが広がる。
2か月。 お逢い出来なかった間のミルクは、誰のものになったんだろう。
口には出せない嫉妬も、切なさも、悲観も、
主様の手に髪を撫でられながら、そんな事は もうどうでも良くなっていた。

たった2か月で、なぜこんなに辛くなるのだろう。
どうして主様が、遠い人に思えてくるのだろう。
「性奴隷」の誇りや自信は、あっけないくらいに脆くて、
いつまでもプラトニックな想いを抱えて、主様を待ちわびるしかない。
どうしても好きで
こんなにも好きで
みっともないくらい好きで
忙しい主様の邪魔にならないように
これからも ただ、主様を待っていよう。 ずっと。
スポンサーサイト
【2009/10/30 21:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) |
| ホーム |
わがまま隷ちゃんと主の苦悩


ビギナー奴隷の隷ちゃんの、主による調教と、成長の記録。

プロフィール

隷ちゃん

Author:隷ちゃん
気がつくと、ずいぶん長い間 そばに置いて頂いている、主様。
迷う日も、時にあるけれど、守り抜いて良かったと信じられる、主様との絆。心に留めておくだけでは不確かに思えて、時々 綴っている 隷子の記録です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する